toggle
2009-04-23

紫外線対策

紫外線は一年中、私たちに降り注いでいますが、3月ごろから徐々に強くなり、4月から9月頃までが強いシーズンです晴れ

昨夜は、今からしなくてはいけない紫外線対策の勉強会を営業後、スキンケアメーカーの講師を招き行いましたうさぎ先生

Reef Diary ~日々成長していかなきゃね!~-090422_194036.jpg

みんな熱心に受講していますメモ

紫外線の影響と言えば、日焼け・シミ・そばかすなどが挙げられますが、それ以外にも様々な影響を及ぼしているということですアクマ

紫外線は大きく分けると、「UV-A]「UV-B]「UV-C」というものに分けられ、3月から5月末くらいまではとくに「UV-A]が降り注いでいる時期だそうです晴れ

この「UV-A]は、波長が長く、皮膚の構造で言うと弾力や水分をつかさどる真皮まで届き、3ヶ月後にはシワやタルミの原因になっているそうですバカボンのパパ

次に「UV-B」とは、皮膚の表面、表皮に影響を及ぼします肌

日焼け、シミ、そばかす、などはこの「UV-B」の仕業アクマ

主に紫外線対策としては、日焼け止めを塗っている方が多いとは思いますが、よく日焼け止めなどに書いてある「SPF」ってご存知でしょうか?

これは、この「UV-B」から守る指数を表わしているものです晴れ

「SPF1」が約20分「UV-B]から守ってくれる数値なので、例えば「SPF50」と記載してあれば約1000分(約16時間)も守れることになります時計

ここで正しい知識として身につけておいてほしいのですが、

1.SPFは20まででOK

2.ノンオイルを選ぶこと

※足りない時間は、ノンオイルなら化粧くずれしないので重ねづけすればよいとのことひらめき電球

ただし、激しいスポーツなどで汗を流す方や、海に入る方などはこの上にSPF値が高いものをのせるなどの対策をした方が良いそうですひらめき電球

簡単に説明するとこんな感じのことを学びましたニコ

美容のプロとして、いろんな面でお客様へアドバイスができるよう日々勉強中ですアップ

Comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です